30代の独身者が選ぶべき保険は?保険のビュッフェで相談!

30代の独身者の保険の選び方

30代の独身者は、「結婚をしたら生命保険に加入すればよい」と考えていると、後で後悔することになってしまう可能性があります。終身保険は早く加入をすればするほど、月額の保険料は安くなり、メリットがあります。さらに、終身保険は貯蓄型の保険なので、30年間加入していれば、108%もしくは120%程度の払戻金を受け取ることができるようになります。

住宅ローンを組んだら団体信用生命保険に加入することになりますが、健康状態に問題があって審査に通らなかったら、団体信用生命保険なしの住宅ローンを選ぶことになるかもしれません。人によってメリットの差はありますが、早い段階で検討をしておいたほうが良いという点では共通しています。

 

難しい問題は保険のビュッフェで解決

30代の独身者が生命保険に加入をするべきかどうか、加入をするとしてどの保険に加入をするべきかという問題は人によって答えが異なるので、難しい問題です。保険のビュッフェなら、お金のプロであるファイナンシャルプランナーが無料で相談にのってくれるので、個別に問題を解決することが可能です。

生命保険は一度加入をしたら後は毎月保険料を支払っていけばよいというものでもありません。結婚をした時、マイホームを購入した時、子供が独立した時などに生命保険を見直すことも重要になります。アフターサポートもしっかりしている保険のビュッフェはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です