独身者の貯蓄を考えるなら 保険のビュッフェで相談がおすすめ

貯蓄と保険はバランスが大切

何か困ったときに頼りになるのは現金という発想は、年齢を重ねるほど大きくなっていくものでしょう。よく保険と貯蓄はどちらが大事かというテーマが話題になりますが、結論を言ってしまえば貯蓄となります。ただ、すべて貯金をして保険加入なしでは万が一のリスクに備えることができないので、ここは保険のビュッフェに相談してみるといいでしょう。

家族がいれば保険加入は必要ですが、独身でも保険に加入していれば安心できるのは間違いありません。大切なのは貯金と保険のバランスであり、ここはプロのFPに相談して詰めていくのがよいです。

 

貯金はある程度用意しておこう

貯金がゼロ円という状況は人生において大きなリスクなので、これは解消していく必要があります。保険は万能ではなく、保険適用とならない事例については現金がモノを言うものです。毎月コツコツと現金を貯めながら、万が一に備えて保険に加入するのが好ましいでしょう。

保険のビュッフェのFPと相談して、家計に負担のかからない程度の保険に抑えておきましょう。無理をして今の生活が圧迫されるようでは本末転倒なので、今の生活も大切にしながら貯金をし、余ったお金で保険に加入してください。何事も無理をすることなく、バランスが大切ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です